LOADING

日進研個別スクールとは?

日進研個別スクールは、
文京区で1963年にスタートし
有名私・国立中学受験合格者を
数多く輩出した名門塾
「日進研」が母体です。

このたび、そのDNAを受け継いだ個別指導塾を開校しました。
先生1人に生徒2人の本格的個別指導塾です。
第一の強みは「積み上げ学習法」にあります。
積み上げ学習法とは、生徒が登れる幅の階段を設定し、
毎日コツコツと登らせる指導法です。

これはどんな生徒にも当てはまります。
基礎からの学習。
難関校受験。
内部進学。

皆さんは「ウサギとカメ」の物語をご存じですね。
勉強も、まったく同じです。
一度に多くの階段を上っても、知識は積み上がっていきません。
急すぎる階段も登れません。
毎日コツコツと、適切な授業と宿題と自習を繰り返すことが勝利への最短コースなのです。

日進研個別スクールでは、
この「毎日のコツコツ学習」を
サポートするために、
次のことを実施しています。

到達度テストの活用。(単元が終わるごとに到達度テストを実施し、基準点を超えたことを確認してから、次のステップへ行くように指導しています)

適切な量の宿題。(一度に多くの宿題は出しません。30分から40分で終わる量を出していきます)

自習の活用。(当塾では、自習スペースを確保してあります。ただの自習ではありません。先生はそばにつきませんが、ベテラン講師のワンポイント・アドバイスを無料で受けることができます)

第二の強みは「きめ細かな指導」を
することです。
これはしかし、実は
「言うは易し行うは難し」なのです。

一例をあげてみます。
あなたが「国語」に苦手意識を持っていたとしましょう。
「よし、やるぞ」と言って国語の問題集をやみくもに解いても、効果的な学習はできません。
国語のどういう分野が苦手か見極める必要があります。
国語には「漢字の読み書き」「物語的文章の読解」「説明的文章の読解」「文法」などの区別があります。
生徒によって、苦手分野はかなり違っています。

数学にも同じことが言えます。
「一次関数が苦手」というアバウトなとらえ方では、効果的な学習はできません。
傾きや切片の概念はわかっているか。
二直線の交点の座標は求められるか。
三直線で囲まれた三角形の面積は求められるか。
などを詳しく把握しなければ、適切な問題を選ぶことはできないからです。

日進研個別スクールの講師は、苦手分野をピンポイントで発見する訓練をしています。
個別指導本来の「きめ細かな指導」を、ぜひ体験してみてください。

体験学習のお問い合わせ

0120-030-257/月〜金 14:00〜21:00

お気軽にお問い合せください

ページトップ