LOADING

学習上のお悩み相談 – よくある事例のご紹介5 –

数学の文章題ができないのは国語の読解力がないからだ、と言われたのですが。


私たちは、国語の読解力で算数・数学の文章題が解けるようになるとは考えておりません。

国語の読解力は筆者の主観を読み取る力であり、算数・数学の文章題にはその主観がないのです。

文章題ができないのは、文章題の解法パターンが身についていないからだ、と我々は考えています。換えれば、勉強が嫌いなのではなく、勉強が好きになる環境に身を置いたことがないということなのです。

例えば、方程式の文章題には、商品の個数と代金の問題や、割合の問題、速さの問題などがあり、それぞれの問題にはパターンがあります。

割合の問題の解法パターンがわかっていなければ割合の問題は解けません。

また、商品の個数と代金の問題の解法パターンを理解しただけで速さの問題が解けるようにはならないはずです。 算数や数学は、読解力や思考力の問題ではありません。

「解法パターンを身に着ける」という繰り返し学習が、得点力アップの最高の武器になります。

 
ページトップ